精神病の診断にいつて

精神病の自覚症状はあまりありませんから、自分が精神病になることを疑うとき、早めに病院で診断を受けることが重要ですが、その前、精神病の発病兆候によって自我診断を行ったほうがいいと考えられています。そうすると、必要ではない迷惑を避けることができます。

自我診断
精神病の自我診断とは、様々な精神病の症状によって自分に現れてくる症状と対比して、もしある種類の精神病の症状にほとんど合うとき、その精神病にかかる可能性があると判断されています。もう一つの方法は自己診断チェック表によってそれぞれ質問を「はい」、「いいえ」と答えて、答え終わたら、質問の「はい」の合計を数え、判定基準を参考して自分の心身の状況が自動でチェックされます。

医療診断
病院で精神病の診断を受けるとき、一般的に精神科、神経科、また心療内科で行われています。診断においてもっとも重要なのは、精神科医による診察になります。そして診察で得た所見を元に、精神病の診断基準と照らし合わせながら、診断は行われていきます。また、診察だけでは診断が難しい時には、心理検査などを併用することもあります。一般的に医者さんは患者と相談して、患者が自分の症状の訴え、性格、既往歴などのことによって、必要の場合、補助的に心理検査と身体検査を行うこともあります。

また、子どもや高齢者の場合、あるいは患者本人は交流障害があるとき、本人が自分の症状について把握できていなかったり、うまく伝えられないため、家族が代わって症状を伝える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です