Monthly Archives: 11月 2016

精神病の予防方法

精神病になる原因は意外の外傷や病気を除いて、ストレス、乱れの生活習慣、性格、考え方、孤独感、緊張感と不安全感に密接な関係があります。それで、精神病の予防方法というと、肝心なことはそれらの精神病を引き起こす原因を解消することです。

規則正しい生活習慣をつける
まずは一日の食事の時間を守って、栄養のバランスの原則によって食事します。特に意識的に納豆、たらこ、チーズ、牛乳などのトリプトファンを多く含んでいる食べ物を摂取します。他には、適度の運動、また十分な睡眠は気分転換、疲労解消の目的に達することができます。それで、精神病の予防にいい効果があります。

ストレスを解消する
現代、多くの人は仕事、家庭、社会からのストレスを重く負っています。ストレスは体調不良、食欲不振、眠れないなどの症状を引き起こすことができます。更にそれらの症状は精神病の誘因になりやすいから、それで、定期にストレスを解消することが精神病の予防に重要です。

性格と考え方を変える
「完璧主義」という性格と考え方を持つ人は精神病になるリスクが高いと認められています。それで、少しそういう考え方をリラックスさせて、他人のために無理して頑張ることをやめて自分のために生きていましょう。

心理感受を重視する
孤独感、緊張感と不安全感が心から湧いてくるとき、親友と相談したり、また、普段の生活で自分の趣味を培って充実な生活を過ごすことは孤独感、緊張感と不安全感を解消する、精神病の予防に有効だと認められています。

精神病の診断にいつて

精神病の自覚症状はあまりありませんから、自分が精神病になることを疑うとき、早めに病院で診断を受けることが重要ですが、その前、精神病の発病兆候によって自我診断を行ったほうがいいと考えられています。そうすると、必要ではない迷惑を避けることができます。

自我診断
精神病の自我診断とは、様々な精神病の症状によって自分に現れてくる症状と対比して、もしある種類の精神病の症状にほとんど合うとき、その精神病にかかる可能性があると判断されています。もう一つの方法は自己診断チェック表によってそれぞれ質問を「はい」、「いいえ」と答えて、答え終わたら、質問の「はい」の合計を数え、判定基準を参考して自分の心身の状況が自動でチェックされます。

医療診断
病院で精神病の診断を受けるとき、一般的に精神科、神経科、また心療内科で行われています。診断においてもっとも重要なのは、精神科医による診察になります。そして診察で得た所見を元に、精神病の診断基準と照らし合わせながら、診断は行われていきます。また、診察だけでは診断が難しい時には、心理検査などを併用することもあります。一般的に医者さんは患者と相談して、患者が自分の症状の訴え、性格、既往歴などのことによって、必要の場合、補助的に心理検査と身体検査を行うこともあります。

また、子どもや高齢者の場合、あるいは患者本人は交流障害があるとき、本人が自分の症状について把握できていなかったり、うまく伝えられないため、家族が代わって症状を伝える必要があります。