Category: 未分類

アルコール依存症

アルコール依存症は、精神病のひとつです。アルコール依存症は普遍的な病気ですが、誤解の多い病気でもあります。アル中(慢性アルコール中毒)と同義ではありません。アル中は社会的、道徳的、倫理的なラベリング(レッテル貼りの言葉)であり、医学用語からは排除されています。

アルコール依存症の原因
アルコール依存症の原因は多量飲酒です。しかし、多量飲酒者がすべてアルコール依存症になるわけではありません。当初は同じように飲んでいても、ある人はアルコール依存症になり、ある人はなりません。この違いはどこからくるのでしょうか。

双生児による遺伝研究などから、アルコール依存症の原因の50~60%は遺伝要因、残りが環境要因によると推定されています。同じように飲酒していても、これらの要因をもつ場合にはアルコール依存症になりやすいわけです。

アルコール依存症の症状
1.渇望と飲酒行動
本来、飲酒してはならないような状況でも感じることがあるような強い飲酒欲求を「飲酒渇望」と呼びます。アルコール依存症の患者さんは、この強い渇望にさいなまれます。

2.退薬症状
飲酒の反復のあと、飲酒中断や飲酒間隔の延長、飲酒量の減少で現れる症状です。

不眠・悪夢・血圧上昇・頻脈・動悸・吐き気・嘔吐・頭痛・胃痛・発汗・寝汗などの自律神経症状、手指振戦・筋肉の硬直やけいれん発作などの神経症状、幻視・幻聴・振戦せん妄などの精神症状が現れます。

3.離脱症状
離脱症状は、古くは禁断症状と呼ばれ、中枢神経がアルコールに依存している証拠とされています。通常、血中アルコールの濃度がゼロになる前から症状が現れます。

アルコール依存症の治療
●抗酒剤
シアナマイドとジサルフィラムの2つが用いられますが、飲酒渇望を抑制する効果はありません。両剤はアルコール中間代謝産物のアセトアルデヒドの代謝酵素を阻害して、飲酒時の血中アセトアルデヒド濃度を上昇させ、飲めない体質の人と同じ生体反応を起こすことでアルコールを遠ざけるようにする薬剤です。

●解毒治療
入院した患者さんに対して、まず精神・身体合併症と離脱症状の治療を行います。精神・身体合併症については対症的に治療します。 離脱症状治療の原則は、まず交差耐性のあるベンゾジアゼピン系薬物でアルコールの肩代わりをさせ、漸減することです。この処置を行わずに、点滴などでアルコールの排泄を促進すると、離脱症状を悪化させることがあります。 解毒治療は通常2~4週間行われます。

精神看護の基本

精神機能の障害は、身体的な病気のように科学的な根拠に基づいた医学的な観点から看護アプローチを行うことよりも、その人が体験している様々な状態に主眼を置くことが必要となります。

精神機能の障害はいろいろあります。代表されるのは統合失調症、妄想症、興奮状態、認知症、意欲・自発性の低下、思考貧困、などです。

精神科看護とは、精神的健康について援助を必要としている人々に対し、個人の尊厳と権利擁護を基本理念として、専門的知識と技術を用い、自律性の回復を通して、その人らしい生活ができるよう支援することです。精神看護の基本ポイントについて紹介します。

統合失調症看護の基本ポイント

統合失調症は、幻覚や妄想といった症状が特徴的な精神疾患であり、現在では80万以上の人が統合失調症にかかっていると言われています。統合失調症を持つ患者さんの看護は非常に難しいものです。過度に援助すると自己解決能力が低下してしまい、再発のリスクが高くなるため、看護師はサポート役に徹し、患者さん自身で解決できるよう努めていくことが重要となります。「言って良いこと・悪いこと」、「して良いこと・悪いこと」というのは患者さんによって異なるため、症状を緩和させ早期に回復期へ移行できるよう、ストレスに対する自己解決の支援が看護師の大きな役割となります。

妄想症看護の基本ポイント

妄想とは、思考内容の障害であり、内因性精神病の代表的な一つとされ、現実にそぐわない強い主観的革新に裏付けられて訂正が効かない観念です。急性期の患者では妄想と現実との区別ができずに、自傷他害の危険性や妄想に左右され日常生活に支障をきたす場合があります。看護職員は対応に十分注意する必要があります。患者にとって妄想は自己防衛と解釈できるため、患者の背景を十分アセスメントし看護へつなげることが大切になります。

認知症看護の基本ポイント

認知症とは、一旦獲得された知能が、一次的、あるいは二次的に脳を障害する疾患によって、持続的に知能の低下を示す状態をいいます。錯乱状態、問題解決能力の低下、不安に関連していることが多くあります。環境に対する知覚の減退、不安定な歩行、判断力の低下、せん妄(特に夜間)、失見当識などに関連して、身体損傷のリスク状態であるといえます。

興奮状態看護の基本ポイント

興奮とは一般的に不安や怒り、喜びや深いなどの刺激で感情が高まり、抑制が利かなくなった状態をいいます。看護職員は患者の興奮に振り回され、自己の感情をむき出しにするなど、本来のケアすべきところを見失うことのないように、留意が必要です。看護職員自身の価値観を振り回したり、安全を図るためと称して患者を抑制したり、従わせたり、四付けようとするような行動は好ましくありません。

精神病の予防方法

精神病になる原因は意外の外傷や病気を除いて、ストレス、乱れの生活習慣、性格、考え方、孤独感、緊張感と不安全感に密接な関係があります。それで、精神病の予防方法というと、肝心なことはそれらの精神病を引き起こす原因を解消することです。

規則正しい生活習慣をつける
まずは一日の食事の時間を守って、栄養のバランスの原則によって食事します。特に意識的に納豆、たらこ、チーズ、牛乳などのトリプトファンを多く含んでいる食べ物を摂取します。他には、適度の運動、また十分な睡眠は気分転換、疲労解消の目的に達することができます。それで、精神病の予防にいい効果があります。

ストレスを解消する
現代、多くの人は仕事、家庭、社会からのストレスを重く負っています。ストレスは体調不良、食欲不振、眠れないなどの症状を引き起こすことができます。更にそれらの症状は精神病の誘因になりやすいから、それで、定期にストレスを解消することが精神病の予防に重要です。

性格と考え方を変える
「完璧主義」という性格と考え方を持つ人は精神病になるリスクが高いと認められています。それで、少しそういう考え方をリラックスさせて、他人のために無理して頑張ることをやめて自分のために生きていましょう。

心理感受を重視する
孤独感、緊張感と不安全感が心から湧いてくるとき、親友と相談したり、また、普段の生活で自分の趣味を培って充実な生活を過ごすことは孤独感、緊張感と不安全感を解消する、精神病の予防に有効だと認められています。

精神病の診断にいつて

精神病の自覚症状はあまりありませんから、自分が精神病になることを疑うとき、早めに病院で診断を受けることが重要ですが、その前、精神病の発病兆候によって自我診断を行ったほうがいいと考えられています。そうすると、必要ではない迷惑を避けることができます。

自我診断
精神病の自我診断とは、様々な精神病の症状によって自分に現れてくる症状と対比して、もしある種類の精神病の症状にほとんど合うとき、その精神病にかかる可能性があると判断されています。もう一つの方法は自己診断チェック表によってそれぞれ質問を「はい」、「いいえ」と答えて、答え終わたら、質問の「はい」の合計を数え、判定基準を参考して自分の心身の状況が自動でチェックされます。

医療診断
病院で精神病の診断を受けるとき、一般的に精神科、神経科、また心療内科で行われています。診断においてもっとも重要なのは、精神科医による診察になります。そして診察で得た所見を元に、精神病の診断基準と照らし合わせながら、診断は行われていきます。また、診察だけでは診断が難しい時には、心理検査などを併用することもあります。一般的に医者さんは患者と相談して、患者が自分の症状の訴え、性格、既往歴などのことによって、必要の場合、補助的に心理検査と身体検査を行うこともあります。

また、子どもや高齢者の場合、あるいは患者本人は交流障害があるとき、本人が自分の症状について把握できていなかったり、うまく伝えられないため、家族が代わって症状を伝える必要があります。